MENU

フリーランス稼業はつらい?

独立してちょうど1年経ちました。。。
ざっくりいって、なんくるないさが正しいというのが実感。
踏み出してみたら、意外と何とかなるものです。
もちろん、つらいこともありましたし、不安もなくならないのが現状です。
そこで、この一年を備忘録もかねて振り返ってみました。

まず、なんでフリーランスになったか?
世の中には、「おーし、フリーになって文字通り自由に稼ぐぜ!」
とか、「会社という組織につかれたから」とかいい面悪い面の
両方があり、それぞれ事情は違うでしょう。

自分の場合は、そろそろサイエンスカフェをやりたい気持ちが
もやもやした気分でまとわりついて離れず、仕事もやり切った感があったからです。
ちょうどそのころ、行きつけのBar のマスターから新しいお店を開くことを聞き、
これも何かの縁かなと思いつつ、お店でバイトする方法はないかと模索しましたが、
どうやっても副業禁止だったので、思い切って退社という形をとりました。
何もフリーになりたくてなったわけではないのです。
それしか選択肢がないかなぁというのが正直なところ。

その選択をするにあたっては、家族や友人、先輩、知人などいろいろな方に、
アドバイスを受けました。それでもそれしかないという結論になったのです。
という事情でフリーランスとして編集者、あらたにライターを本業として、
いろいろお店について学ぼうと飛び込みました。
実際には、本業が忙しくなってしまい、結局約半年くらいしかできなかったですが、
IBUなどでいろいろ学ばせてもらいました。
サービス業は未経験だったのですがいろいろと学ばせてもらって感謝してます。
今後の経験として活かしていきます。

で、実際にフリーになって怖いのが、仕事があるかどうか?
これは、1年たってもその不安はぬぐえません。
実際どうかというと、出版関連というあくまで個人的な経験から言わせてもらうと、
「社員以上の給与を得るのはなかなか難しい」ということです。
これは、ほかの業種でも同じではないでしょうか?

ある意味、ならざるを得なかった立場から言うと、安定して稼ぐためには、
やはり、正社員がいいと思います。
もちろん、成功例はどのケースでもあるので、何とも言えないですが、
概して、社員時代より稼ぐことは難しいのではないかと思います。

というのも、税金、保険、年金など国民の義務があるからです。
これは、おそらくどの人に聞いたり、本を読んでも書いてあると思いますが、
「実際に」フリーになってみると、意外とボディーブローのように効いてきます。
去年の9月末までは正社員だったので、今年の支払いはとてもしんどいですね。。。
それも加味したうえで、お仕事を頑張ればいいのではという意見もありますが、
なかなか思い通りにいかないのが現実だと思います。

僕の場合は、ありがたいことに知っている方から声をかけていただいたり、
これまで勤めていた2社からもお仕事をいただけたので、何とか助かりましたが、
それでも貯金を崩す必要がありました。
一個人になった自分に仕事の依頼をいただけたのは、これまでやってきた仕事を
評価していただいたのかもしれないとありがたい気持ちでいっぱいです。
が、調子に乗らないようにしないとフリーの場合は後ろ盾は一切ありません。
少しのミスでも、信用を失ったらそれで終わりです。

まとめますが、フリーランスになってよかったか?と問われたら、
僕の場合は良かったと言えます。
会社員として経験できないことやお仕事をこの1年できたからです。
ですが、まだまだ1年なので、これからも目の前のことに一歩ずつやるしかない!
と思いつつ、なんくるないさでいろいろ試行錯誤している最中です。

最後に、偉そうに感じたら申し訳ないですが、あくまで個人の経験からの意見として、
フリーランスを考えている人は、やめてしまう前にぜひ一度立ち止まって、
今やってる仕事が楽しいかどうか、ほかに真剣にやりたいことがあるのか?や
自分が自分の仕事に納得してるか、ということに、
真剣に向き合ってみてもよいかもしれません。

その時は、自然に来ます!

そういう選択をせざるを得なくなる気持ちになるのです。
それがチャンスかどうかは、結果論なので、あとからわかることです。
是が非でもフリーランスになるんだ!という選択をしなくても、
自然にそうなっていったほうが(つらいことも含めて)楽しく過ごせますよ!
どうせ一度しかない人生、反省はしても後悔はしないように生きたいものです。

以上この1年を振り返って感じたこと。
誰かに何かのお役に立てたらと思い、自分の経験を残しました。

確定申告や税金についてこの本が勉強になります。

マツコの知らない世界 -ニッポンの素晴らしき美学 盆栽の世界-

大宮で先日見たばかりの青龍が紹介されていました。

この盆栽は本当に圧倒的な存在感でした。
盆栽は手間暇がかかる上に、すぐに結果が出ないというのが
その世界に入るのが難しいと感じています。
割とすぐに判断して結果を求める性格だからというのもありますが。。。
成長の早い、草ものから初めて見てもよさそうです。

また、雑木盆栽の花梨も結構好きですが、楓なども四季を楽しめるというのが良いですね。
番組で紹介していた東山君という中学生の今後が楽しみです。
盆栽をお金ではなく、「技」で評価してほしいという発言も渋すぎます、本当に中学生なのか???

盆栽は「自然の縮図」という発言通りです!
大宮盆栽美術館もぜひ訪れてみてください。

http://www.bonsai-art-museum.jp/ja/

さらに盆栽好きの方は、友人の盆栽ブログもぜひご覧ください。
いろいろ肥料などについてもまとめています。
最近は盆栽ネタは少ないですが。。。
https://www.bonsai.bz

認知症は環境要因で防げる? ほのぼの研究所設立10周年記念講演会

本日は、前々職からお世話になっている、大武美保子(研究室リンク)さんが代表を務める「ほのぼの研究所」のNPO法人10周年記念講演会にお誘いを受け、行ってまいりました。

FBではつながっているものの、JRM編集委員会以来なのでかなりご無沙汰しておりましたが、覚えていてくださったのがうれしい限りです。

梅雨明けか!と思うほど暑い一日でしたが、柏へ。。。

本日の記念講演は2題目でした。

まずは、千葉大学予防医学研究センター教授の近藤克則(研究室リンク)さんによる「認知症になりにくいまちづくりーゼロ次予防を目指してー」でした。

対話形式で話をされており、わかりやすい講演でした。

先生のおっしゃるのは、認知症、うつ病などをはじめ、病には環境要因を改善することで、発生率を下げることができるのではないかという問題提起です。
また、先進国においては、日本の一日の塩分摂取量は多すぎるというデータもおどろきでした。たとえば、塩分摂取量を減らすには、自己責任としての、自炊時の塩分量を減らすという方法があります。しかし、全体としてそれは2割に過ぎず、残りの8割は加工食品や調味料で摂取しているというデータを示しており、それらから塩分を減らすことで、本人の努力はいらずに塩分量を減らすことができるということでした。また、減塩食品についてはほとんどの人は気づかないという結果も示しておりました。

これは環境を変えることで解決できるのではないかということを示しています。

そうしたことから、認知症やうつ病に関しても環境要因を改善させることで、住むだけで健康になれるまちづくりにいかせるのではないかという点に着目した研究の紹介でした。

ポイントとしては2点

  1. 認知症になりにくいのは一日の歩数が多い街づくり
  2. スポーツなどグループ活動が多い街づくり

当然といえば当然の結果ですが、車が移動手段の地方よりも都会の人のほうが一日の歩数は多く、スポーツなど一人ではなくグループに参加しての活動が多いほど、会話が生まれ、認知症やうつ病になりにくいというデータを示しており、この結果をコミュニティー全体で考えていけば、全体としての健康につながるということです。

ここで、なるほどと思ったのは、男性は単にグループ活動に参加するのではなく、幹事など役割を持っている人ほど認知症になりにくいという結果でした。女性はそこまでの差はないですが、男性は有意な差が表れているとのこと。ただ、この結果は現時点のひとつの結果であり、女性が今後ますます活躍する社会になってくることは確実なので、この男女差は次第になくなるのではないかと思います。ただしこれは個人的な感想なので、講演では述べておりません。

つづいて、大武先生の「防ぎうる認知症にならない暮らしを支える共想法」は、認知機能を刺激して、行動する暮らしをどうやって実現するかということに対する実践法です。

f:id:mak_phy:20180626235344j:plain

自身の工学分野(人工知能、ロボット)の経験を活かして、実際に実践研究までやっており、この活動が広がることでより良い暮らしが実現できそうだと感じました。若いうちは、いろいろな行動を比較的にとりやすいのですが、どうしても年齢を重ねるごとに「やれることだけやる、できないことはやらない」という思考になってしまいがちになるということに着目してそれらを楽しく改善できる手法を目指しているのです。

方法としては、何かのテーマを決めて、グループで実際に街にでて、写真をそれぞれ撮り、各人の写真についての1分程度の説明のあと、ほかの方から感想などを2分程度で簡潔に述べるというやり方です。その際には、発言量を人工知能で測り、進行役をロボットが務めることで、人間ではなかなか気兼ねする司会進行をうまく調節させるという方法です。人数や写真の枚数によって時間は調節できるのですが、参加者全員を会話に参加させるというのがポイントとのことでした。

これは人間心理をうまくついていると感じます。実際の人間の場合は仕切るのはよほどのプロやまったく関係性がない方でないと難しいと思います。そこをロボットが仕切ることで有無を言わせず、議論を平均化できるのです。

最後には、各人の写真をクイズ形式で誰が撮ったものかを答えるということまでしており、そこで短期記憶力へ刺激を行うのです。

今後、いよいよ全国展開へ向けての事業化も検討段階に入りつつあるということなので、都内だけではなく、地方でも展開することが期待されています。

今日はいい話を聞けました。

この話をサイエンスカフェでもやってもらいたいですね。

写真が司会ロボットの「ぼの君」5号機です。最初はお地蔵さんかと思いましたが、笑。

f:id:mak_phy:20180626235405j:plain

最後になりますが、NPO法人設立10周年、

誠におめでとうございます!

Echo Spot!?

作業中の簡単な検索や音楽などで活用している我が家のEcho!

f:id:mak_phy:20180621115315j:plain         

Amazon Echoを購入して半年で、新しい商品!しかも画面付き!

値段もあまり変わらない!!!

うわーやられました。。。

ほしいですが、まだ我慢。。。

作業中のおすすめスキルは、「音で旅する!TBS世界遺産」です。

「radiko」は、深夜の馬鹿力を聞きながら眠りにつくのにぴったりです。


   

火星に住むつもりかい?

やられた!

f:id:mak_phy:20180619150343j:plain

素直に著者の意図通りの反応をしてしまいました。

書店で本書を手にした時、伊坂氏はSFを書き始めたのか!と思いました。

本書は監視社会となり、現代の魔女狩りを行っている「平和警察」を中心に、様々な想いを抱えた人たちが物語を紡いでいくという作品となっています。

人はいずれ死ぬ。しかし、その人生に何か意味があったのか?

正義とは何か、偽善とは?

エンターテイメント作品ではありますが、著者の深い洞察が行間に詰まっていると感じました。

あとはネタバレになるので内容はここまで。

当初の思惑とは違った内容だったけども、面白くてぐいぐいと引き込まれました。

現代社会の闇をうまく表現しており、正義とは何か?というテーマから、人間の集団心理を分析し、深く掘り下げた作品に脱帽です!

おそらく映画化なども考えているのでしょうが、その筆力はすごい!という陳腐な表現しか出ません。