~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

2018-04-19から1日間の記事一覧

統計学辞典

初辞典。編集取締役からいただいたお仕事。 これは、細かくてとてもきつかったですね。。。辞典はもうやめよう!笑、とこころにきめた1冊でした。もちろん、内容は間違いないです!正直ただただ校閲が細かく見る必要が多く、つらかったし、当時は並行してほ…

情報論的学習理論

3冊目。先輩からいただいた仕事でしたが楽しめました。本書は、おもしろい!と思いました。ただし、数式は複雑なので一般読者向けではないです。いまは盛りですが、2010年当時としては今の時代を予想したものだったと振り返ると感じます。機械学習理論の洗練…

芸人先生はおもしろい!

毎週楽しみにしている番組はいくつかありますが、4月からEテレで始まった芸人先生はためになります。1,2回の和牛の営業に関するネタ作りからのヒントや、3回目、バイキングのアイディアを生み出すヒント。 これはなかなかいい番組です。 www4.nhk.or.jp

privacy policy