~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

コンピュータビジョン: 広がる要素技術と応用

本日届いておりました。2011年10月からシリーズ(全40巻)をスタートして約7年。。。

 

f:id:mak_phy:20180702234437j:plain

いよいよラストスパートですね。

後任者からご恵贈いただきました!

本書は途中で執筆者が交代したりとなかなか進まなかったのですが、ようやくです!

いい本になりました。

コンピュータビジョンは深層学習や人工知能などの発展に伴って、ここ数年で飛躍的に新たな手法や知見がありました。

本書では、歴史的な背景から最新の話題までを含んでおり、また7章ではマルコフ過程をていねいに紹介しており初めての方からいままでの基礎を再度やり直してみようという方まで、幅広く役立つ1冊です!

ぜひご覧ください!

未来へつなぐ デジタルシリーズまもなく完結します!

privacy policy