~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

ビール入門書のおすすめ(藤原ヒロユキのBEER HANDBOOK)

f:id:mak_phy:20180625155403j:plain

サイエンスカフェオープンに向けての勉強としてビール入門として最初に手にした本が本書でした。

これまではもっぱら、焼酎、スコッチ、バーボン、泡盛など蒸留酒を好んできたのですが、本書はビールの世界が奥深いことを教えてくれました。

藤原ヒロユキさんの絵と解説がていねいで初心者にはとてもわかりやすいです。

藤原 ヒロユキ|日本ビアジャーナリスト協会

この本を読んで作り方から種類までの概要はわかりました。

ペールエールやラガー、デュンケル、ポータスタウト、ヴァイツェンなどいろいろなものがありますが、好きなビールはIPAまたはW-IPAですね。苦みが強いほうがおいしく感じます。

privacy policy