~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

5月15日、沖縄

今日は東京は朝から晴天。

この日は沖縄県民にとっては馴染みのある日となっています。

僕の生まれるほんのちょっと前まで沖縄はアメリカだった。

本土復帰から46年を迎え、沖縄県知事選、今後どうなっていくのか。。。

佐渡山豊さんのドウチュイムニィ(独り言)ではないですが、そんなことを思います。

 

嘉手刈林昌さん時代の流れもあわせて。

 

privacy policy