~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

情報推薦システム入門 -理論と実践-

情報検索のためのユーザインタフェースの監訳者よりご提案いただき、実現した本です。先の本をさらに応用して、Amazonのあなたにおすすめ!などのような推薦システムの入門書になっています。

本書ではなぜ衝動買いをしてしまうのか!どうやって個人の嗜好や思考がデータとして蓄積されて、ぴったりな情報が出てくるのかについての具体的な例を示しながら、協調型推薦、内容ベース型推薦、知識ベース型推薦などについて紹介されています。

現代は情報推薦システムはなくてはならないものとなってます。これらがどのように構築されているのかについて興味のある方はご一読の価値ありです!

Dietmar Jannach・Markus Zanker・Alexander Felfernig・Gerhard Friedrich 著

田中克己角谷和俊 監訳

奥健太湯本高行中島伸介・木村文則・河合由起子手塚太郎土方嘉徳
北山大輔牛尼剛聡・原田史子 訳

2012年6月初版1刷発行

https://amzn.to/2HKHveu

privacy policy