~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

ソフトコンピューティングの基礎と応用

このシリーズで前職JACIIIでお世話になった方といろいろ再会できましたが、本書もその1冊です。正直編集はなかなか大変でしたが、久しぶりにファジイ集合概念の父と称されるZadeh先生のお名前を本書で見て、懐かしく思いながら編集したことを思い出します。Zadeh先生は惜しまれながら2017年にご逝去されました。。。

本書は、ソフトコンピューティングの概念をニューラルネットワークで紐解きながら、各執筆者によって丁寧に紹介されています。ニューラルネットワークはその名の通り、生物の神経系をモデルとして作られており、学習モデルの1つです。特に個人的に面白いと感じたのは、ニューラルネットワークの応用の章です。

ニューラルネットワークが基礎から学べ、また今はやっている機械学習ディープラーニングとも深くかかわっており、さらにAIの歴史を学べる、初学者にもってこいの入門書です!

馬場則夫・田中雅博吉冨康成満倉靖恵半田久志 著

2012年4月初版1刷発行

https://amzn.to/2qGU8Qx

関連書として下記もおすすめです。

privacy policy