~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

半導体LSI技術

半導体は、名前は聞いたことがある方も多いと思います。日本がリードしていた(る?)分野ですが、最近WBSニュースでは暗いものばかり。。。日本の技術を支えてきた分野でもあるので悲しい限りです。

この本はシリーズではじめて300ページを超えたため、何とかページ数を抑えるのに苦労しました。ただ、中身は丁寧かつ網羅的に書かれており、半導体の本では名著といってもよいでしょう!

本書では半導体LSIについての物性や素子に関する基礎から設計製造、品質管理やクリーンルームについてなど幅広く丁寧に紹介されてます。入門書、わからないときに戻る辞書的な役目として最適です!

 

牧野博之益子洋治山本秀和 著

2012年3月初版1刷発行

https://amzn.to/2H8uWsh

類書としては下記をお勧めします。

物性についても学びたい方はかきをどうぞ!

privacy policy