~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

これからGinが来るかも

Ginはこれまであまり飲んでいなかったのだけど、昨年末、Harris Ginを呑んで印象が変わりました!
Harrysはスコットランドにあるハリス島で作られているGinでボタニカルがSugar Kelp(コンブ)なので、日本人にはなじみがあると思います。ストレートで味わうと、まず、柑橘系の香りが感じられ、口に含むとふわっとソルティーな味わいがあります。ボトルもおそらく、海流に漂うコンブをイメージしているのでしょう。飲み終わりのボトルも捨てられない感じです。。。

harrisdistillery

日本だと、サケトライで買えます!一般の方と飲食店のみで酒屋さんにはおろしていないようなので是非お勧めです!

アメリカだと、Kobalのがおすすめです。こちらの特徴はなんといっても有機栽培で材料にこだわっているところですね。Dry Ginというだけあって、飲み口が雑味がなくすっきりした味わいです。甘めが好きな方はBarreled Ginがおすすめです。Dry Ginをバーボン樽で寝かせているせいか、香りが甘く、生キャラメルを思わせるようです。味もすっきりとしていながら、穏やかな口当たりが楽しめます。

KOVAL Distillery - Whiskey

 

今日見かけたのが、下記です。8つのボタニカルからなるようですが、どういう味わいか。。。すこし寝かせてみます。上の3つに比べると信じられないくらい安いので皆さまもぜひ!

Bombay London Dry Gin

https://amzn.to/2HXAGqb

f:id:mak_phy:20180424220933j:plain

privacy policy