~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

情報セキュリティの基礎

著者の数の多さでどうまとめていくかが難しかったです。シリーズ1巻と並行して進めており、手元にゲラが重ならないようにスケジュール管理が大変でした。

本書は第1線の方ばかりです!セキュリティは近年重要であることが叫ばれていますが、本書はその基礎をしっかりと紹介しています。このような本は確かに当時でもありましたが、単著であることが多く、一人で情報セキュリティの広い範囲を理解して執筆するにはかなり難しい側面があります。この本では、その分野に精通した著者が集まって書かれています。もちろん、監修者が執筆担当原稿ごとに書き方や哲学のずれを修正して、流れるように書かれています。各章のつながりもよく、読み進めれば理解できるようになっています。出版から7年近くたつのにほとんど古くなっていないというのがその結果でしょう。当時はまだブロックチェーンやビットコインなどの仮想通貨はまだ認知されていなかったので載っていません。また個人的には、デジタルフォレンジック技術が興味深く感じました。さらに新しい技術が開発されていると思うので、今後改訂版が出ることを期待したいですね。

佐々木良一 監修

手塚悟 編集

石井夏生利稲葉宏幸高倉弘喜土井洋村上康二郎上原哲太郎越前功
岡崎美蘭岡田仁志岡本栄司・小松尚久・白勢政明瀬戸洋一 著

2011年10月初版1刷発行

https://amzn.to/2J6OSfQ

privacy policy