~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

Rによるバイオインフォマティクスデータ解析 第2版 -Bioconductorを用いたゲノムスケールのデータマイニング-

本書は第2版となっており、初版と比べると大幅に改定されています。先輩からいただいた仕事なので初版の経緯は残念ながらわからなかったのですが、とても良い本です!

これまでバイオインフォマティクスは言葉は知ってはいたものの、遺伝子かなんかかなぁという漠としたイメージしかありませんでした。もちろん大きく間違ってはなかったのですが。。。表紙のイメージにそれを表してみたのですが、色の使い方で注意を受けた印象深い1冊です。僕としては、差し色として黄緑をどうしても使いたかったのですが、たしかにここだけのために、刷版が増えるので製作コストが多少かかってしまいます。コストも意識しながら編集するというのがなかなか難しいなぁと教えてくれた本でもありました。

本書の特徴は、現在はもう超有名になっているR言語で統計解析を紹介する入門書です!本書のはじめにで著者も述べていますが、プログラミングスキルは二の次という文章がぎょっとした記憶があります。自分でプログラムを組むにはいろいろと調べなければという偏見がありました。本書ではRの用意するさまざまなパッケージを用いて、バイオインフォマティクスのデータ解析のやり方を丁寧に紹介している良書です!これは専門家というよりもこれからこの分野に進みたい、あるいはこの分野を企業で活かしたいという初学者向けの本です。

 

樋口千洋 著

2011年1月初版1刷発行

https://amzn.to/2EXuOd9

privacy policy