~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

MENU

2018-04-20から1日間の記事一覧

情報検索のためのユーザインタフェース

翻訳書で初の菊判。企画書の段階から携わらせてもらった本なので、感慨深く、また著者の多さも初でした。〆切や出版日にどうやって間に合わせたらよいかいろいろ試した本でもありました。またデザインも中で使われている言葉をWeb空間のつながりを意識してあ…

Rによるバイオインフォマティクスデータ解析 第2版 -Bioconductorを用いたゲノムスケールのデータマイニング-

本書は第2版となっており、初版と比べると大幅に改定されています。先輩からいただいた仕事なので初版の経緯は残念ながらわからなかったのですが、とても良い本です! これまでバイオインフォマティクスは言葉は知ってはいたものの、遺伝子かなんかかなぁと…

宇宙の大規模構造

空を見上げると、満天の星という表現がぴったりなくらい、降るような星の瞬きを見ることができます。そんな空一面を覆いつくす星の数を見ると、どの方角を向いてもあるので、まんべんなく星が散らばっているように思えます。 そんな宇宙はスカスカというと驚…

privacy policy