~沖縄への帰り道~

「未知の領域で研究を進めるにあたって心すべきことは、
自分は「何が一番重要で基本的なこと」と確信できるかを、
徹底的に突き詰めることである!
これは極めて主観的な作業である。
中途半端で安易な主観性はただの主観止まりである。
とことんまでやらなければならない。
「主観」を究めてたどり着いた結論は、極めて「客観的」であり、
ものごとの本質を突いているものである。 」
井上研三 著「素粒子物理学」あとがきより

著作権改正法

このニュースが気になりました。

最近の改正だと、2003年に授業を行う教員が著作物(文章や図表,写真など)を複製できるだけでなくて、授業を受ける者(学生や生徒など)も複製ができるようになった(35 条第1 項)とされています。この改正で授業を受ける者も複製ができるようになったのは、ホームページ作成やデジタル著作物の編集を容易に学べるようにするための措置とのこと。

つづいて2014年に、電子書籍も盛り込んだ、出版権を権利者に当たることを明記した法改正が行われています。気になったので下記の本の第2版を見直してます。

今回の改正は、下記の案で提出されていました。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/196/pdf/t031960281960.pdf

これまでは、権利者の許諾が必要であったものが、権利を侵さない範囲(いわゆるフェアユース(日本では未批准)みたいな利用?)であれば、許諾なく行えるとのことなのです。

これは、読者側からすれば、検索の便利さがありますし、もし全文必要ならば本などの図書購入を促進するかもしれません。出版社をはじめ、著作権者のメリットは売れればよいのですが、デメリットとしては、一部分のみで満足して前後の文章をあいまいにされたまま引用されたり、複製されたりすると本が売れなくなるのではと危惧するのでしょう。

ただ、今回の改正は、2003年の拡大解釈といった感じがするので、本当に権利を侵さない範囲であれば、問題はない気がします。誰がどのように判断するのかははなはだ疑問ですが。。。

むしろ、出版社側も率先してプロジェクトを立ち上げ、相互に本のハイパーリンクを張ることで、結果としてたとえば、理工書だとさまざまな書物が取り上げられるのではないかとさえ思ってしまいます。

電子書籍が盛り上がったころに、僕も同じように、理工書の出版社が横断的に、そういう仕組みを作れば、各社の宣伝にもなるし、本が活用できるのではないかと思っていました。ただし、労力や人件費などのお金がかなりかかる作業であり、かつ権利関係がふくざつになるため、実現は難しいと思ってます。

来年1月に施行とのことなので、今後の動向は気になります。

一読者としては、知りたいキーワードがどういった本なのかがわかるので、便利になる気はしてます。

作業環境改善

SonyサウンドバーHT-S200F

いろいろと迷ってましたが、ようやく買いました。

こちらのレビューを参考にしました。

【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】これは流行る! ソニーの2万円台/HDMI搭載サウンドバーを聴く-AV Watch

使用した感じは、音の抜けがいい気がします。

Youtubeでいろいろと音楽を聴きましたが、Portriversのtasuki、帰り道もクリアにライブ感がでました。

www.youtube.com

低音はまだ実感してないですが、何といってもBluetoothで音楽が再生できるのがいいですね。

作業中の音楽プレーヤーとしても重宝しそうです。

PCで困っても焦らない、KB4093112問題とフォーマットしますか問題への対処法

最近、ずっと悩んでいたのが、Windows10のKB4093112がずっとインストールに失敗していた問題。

ようやく解決できました。

下記を参考にしました。

【Tips】Windows 10の累積アップデートKB4093112がインストールできない問題を解決する方法 |

ここでは、管理者権限でコマンドプロンプトを開き、下記の通りにやって、再起動すれば解決できます。

SC config wuauserv start= auto
SC config bits start= auto
SC config cryptsvc start= auto
SC config trustedinstaller start= auto

ここで、それぞれなんだろうということを調べてみました。

SCはサービスの状態確認や作成、削除、管理を行うためのコマンドとのこと。configはconfigureすなわち構成を意味しており、wuauservはWindows Update機能。bitsはネットワークの空き帯域を利用してバックグラウンドで効率よくファイル転送を行う機能、cryptsvsはWindows Updateからのルート証明書自動更新サービス機能、trustedinstallerはWindows Modules Installerは、Windows Updateで使われるサービスとのこと。

つまり、これらは、Windows Updateサービスをそれぞれ再起動後に自動で開始しているようです。

ようやく意味がわかりました。こちらの設定をやったら、無事インストールできました。

めでたし、めでたしということで、ついでに外付けハードディスクが読み込めず、フォーマットしますかとしつこく聞いて何度も失敗する現象にも対応することにしました。

こちらは下記で解決できます。

フォーマットする必要があります。フォーマットしますか? の原因と対処法

が、そろそろHDDが寿命かもしれないので、バックアップは必須とのことです。使っているHDDはもう8年くらいになるので、そろそろ寿命かもしれません。

やったことは、おなじくコマンドプロンプト(こちらは管理者権限でなくても大丈夫でした。)

chkdsk f:f/

chkdskというコマンドは、文字通り、ディスクチェックです。まず、外付けや調べたいHDDがFとします。チェックディスクコマンドでF:というディスクを調べてくださいという意味です。続いて\fはfがまぎららしいですが、オプションで、ファイルシステムを修復しなさいよというものになります。

こちらを実行したら、無事HDDはフォーマットしますか?が出ずに読み込むことができました。

めでたし、めでたし。

お店のBGMとしての著作権

お店で流れる小粋なBGMはそのお店のマスターのセンスが問われます。

メディアとICTの知的財産権を編集した時から気になってましたが、はたしてJASRACに申請しなくても自分で買ったCDであれば大丈夫なのか!と思っていましたが、今日見つけた記事で結果が出ました。

ダメでした。

うわーーー。どうしたらよいのだろう、ではSportifyLINE MUSICレコチョクBestAWAGoogle Play Musicなどはいいのかと思って探したら、こちらも利用規約でBGM目的での使用が禁止されているらしくダメ。

ただし、録音録画ではないリアルタイムに流れるテレビ、ラジオ、(一部例外はあるが)インターネットラジオはOKとのこと。

補足:著者に教えていただきましたが、インターネットラジオはダメとのこと。

お店が有名になるまでは黙認されそうだけど、著作権侵害はあとで怖いので、気を付けなければと思います。1つ勉強になったので、備忘録と紹介として。。。

5月15日、沖縄

今日は東京は朝から晴天。

この日は沖縄県民にとっては馴染みのある日となっています。

僕の生まれるほんのちょっと前まで沖縄はアメリカだった。

本土復帰から46年を迎え、沖縄県知事選、今後どうなっていくのか。。。

佐渡山豊さんのドウチュイムニィ(独り言)ではないですが、そんなことを思います。

 

嘉手刈林昌さん時代の流れもあわせて。

 

privacy policy